抹茶 Q A

 

          今迄あった多かった抹茶についての疑問

 

       茶の種類によって茶の木は違う?
*緑茶も紅茶も同じ木から作られています。

  

    抹茶はどのようにして出来ている?
*収穫する20日程前に、覆いをして直射日光を遮り栽培します。
  直射日光を遮ることで、茶葉に行く栄養を枝や根っこに使われるため
  茶葉は薄くて柔らかく渋み成分(タンニン)が少なく、うま味成分(テアニン)の多い 茶葉になります。
  茶葉は収穫後、蒸して乾燥させ茎や軸を除いて裁断し、石臼で挽いて微粉末したものが抹茶です。

  

    急須で淹れる茶と抹茶の違いは?
*製造工程で蒸した後、揉みの作業が急須で淹れる茶にはあります
  抹茶は揉まずに乾燥・裁断・石臼で挽くのが違いです。
   
抹茶は1時間で40g 程度しか挽くことが出来ません。
  ハイテクの時代になっても、石臼以上に微粉末にする機械はありません。

  

    抹茶のはじまり
*約800年程前に、中国から遣唐使や僧侶がお茶の種子を持ち帰りました。
    
当時は、貴族達が薬として飲んでいました。
   その後、栄西禅師が中国から帰国の際に茶の種子を持ち帰るとともに、茶の粉を湯に入れ
   混ぜて飲む
抹茶法を伝えたのがはじまりです。
    
その後、侘び茶の創始者・村田珠光(奈良出身)と武野紹鴎・千利休によって茶道が完成しました。

  

    抹茶の栄養価
*抹茶は急須で淹れる煎茶と違って茶葉をまるまる飲めるので、水に溶けない脂溶性ビタミンAEK
  摂取することができます。
  煎茶は水に溶けやすい成分しか摂取することができず、身体に良い成分の6割以上を
   捨ててしまうことになります。

 
 ☆殺菌作用・風邪予防・老化防ぐカテキン
 ☆紫外線をやっつけるビタミンCはみかんの47
 ☆新陳代謝アップ効果ビタミンB2・ビタミンA
 など、美肌効果にも優れています。
 腸の働きを良くし、脂肪を燃えやすくしてくれるので、朝に抹茶を摂取するとその効果はさらに
  アップすると
 いわれています。
 さらに、抹茶に含まれている成分、テアニンはリラックス効果もあり睡眠の質が良くなったり、
  疲労回復にも
 効果的です。

  

 

 

   抹茶が高級な理由
   *煎茶として摘み取られる時期に黒い覆いをかける作業に加え、丁寧に摘み取り作業の後、
     蒸し⇒乾燥⇒碾茶の荒茶(茎・葉脈が残った状態)⇒選別(茎・葉脈を除く)碾茶⇒乾燥⇒
      石臼挽き(1時間に約40g)
⇒抹茶
     
通常の煎茶に比べると手間がかかります。

     特に挽き職人が少なく石臼より微粉末に挽く機械が未だ無しと言う所が高価な理由だと思います。

 

 

 

 

 

   

      抹茶少量(約2g)に湯を入れ、茶筌で点てて飲むので抹茶一缶で何杯も飲む事が出来ます。

    他の飲み物と比べても決して高価な 飲み物ではありません。
    
茶筌と茶碗さえあれば簡単に点てることが出来、茶葉の栄養素をそのまま摂取出来ます。

    何より、茶がらも出ずエコではないでしょうか。